指輪の知識をつけよう

ウェディング

婚約指輪は多くの方が今まで利用されています。そして、日本では人気ランキングのお店があり、いろいろなデザインから、指輪を選ぶことができます。また使用する宝石はダントツの人気でダイヤモンドを使用した婚約指輪を選びます。

ちょっとした歴史と素材

指輪

元々はキリスト教から

結婚が決まり、いざ結婚指輪を買うべくパンフレットやネットとにらめっこしてみると、デザインも素材もバリエーションがありすぎて逆に分からなくなってしまいがちです。しかしそもそも結婚指輪とは何でしょうか。元々はキリスト教で永遠のシンボルを意味し、神様の前で交換することにより永遠の愛を誓ったというものです。そのため日本での歴史は意外と浅く戦後に入ってからですが、現在では純日本的な神前式でも取り入れられるほどに浸透しています。永遠のシンボルとして一生お世話になる指輪ですから「これだ」と思える自分たちのお気に入りを探したいものですね。最近ではオリジナルを欲しがるカップルも増えており、オーダーメイドや手作りも人気ですよ。

不動の人気、プラチナ

結婚指輪のデザインは色々ありますが、素材も色々です。ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールド、プラチナ、これらを複数組み合わせたコンビネーションなどなど。この中で断トツで人気なのはプラチナでしょう。まず参加などにより変色することがありません。また純プラチナは強度が弱く色も黒味がかっていますが、パラジウムなどを混ぜることで強度がアップし、美しい白色になります。見た感じはホワイトゴールドとあまり変わりないのでは、と思われるかもしれませんが、ホワイトゴールドはゴールドの上に白いメッキを被せているため、時の経過とともにメッキがはがれてくる可能性が高いです。このため一生つける結婚指輪に、変質の可能性がほとんどないプラチナがよく使われます。

日本の常識とサプライズ

男女

婚約指輪でサプライズをしたい。こう思う男性は多いでしょうが、女性は「一緒に自分の欲しいものを選びに行きたい」と思う人が多くいます。そのためちょっとサプライズで婚約指輪は危険かもしれません。プロポーズが成功してから女性の欲しいものを買ってあげるのが一番でしょう。

一生ものを選ぶために

Heart

長く身に付ける結婚指輪を扱うお店は高崎にたくさんありますが、アフターサービスの有無にも注目して選んでみましょう。様々なデザインがありますが仕事中やブラックフォーマルの時にも着けられるかどうかも考えて選んでみましょう。